離婚成立までの流れをご紹介します

離婚するなら知っておきたい「離婚成立」までの流れ

「離婚は結婚にかかるエネルギーの100倍ものエネルギーが必要だ」と言われますが、結婚は新たな家族の誕生で、未来の幸せを夢見る楽しいものであるのに対して、離婚は過去の過ちを清算するもので、精神的にも肉体的にも重い負担を強いられるものなのです。特に、相手から離婚を拒まれている場合や、離婚を迫られている場合、そのストレスは相当なものだと言われています。

 

 

ここでは「離婚が成立するまで」の流れをご紹介しますので、今離婚調停の真っ最中だという方も、これから離婚を考えているという方も離婚の成立までの流れのしくみを知ってみましょう。

 

離婚成立までの流れ

離婚成立までの流れ

 

離婚の成立は離婚届が受理された時なのです

離婚とは婚姻関係を解消することなのですが、法律的には離婚届を役所の戸籍係に提出して、夫婦の戸籍をそれぞれ別々に分けることです。よって、離婚届が受理され、夫婦どちらかの籍が抜かれれば、離婚は成立します。結婚も紙一枚提出して正式に認められるように、離婚も離婚届の紙一枚を提出して受理されることで完了するものなのです。